2020年12月03日

新型コロナウイルス感染症の拡大・流行の影響により、drupa2021が中止となることが決まった。

次回のdrupaは2024年5月28日から6月7日までの予定で開催される。

 

またdrupa2021の代替イベントとして、2021年4月20日から23日まで「virtual.drupa」というデジタルイベントが開催される。

 

drupa実行委員会のクラウス・ボルツァ=シューネマン委員長(Koenig&Bauer社・CEO)は「virtual.drupaというデジタルイベントは、現時点でのこの状況における正しい形式の開催方法だと思う。通常の方法でdrupaを開催することは、多くの出展者にとってリスクが大き過ぎ、また来場者にとっても世界各国での旅行制限によって訪問することが難しい状況にある。新たに用意するデジタルフォーラムvirtual.drupaは信頼できるコンテンツであり、次回開催の2024年まで、印刷業界内での貴重なコミュニケーションを維持する機会を提供するものとなる」と述べている。

 

その「virtual.drupa」では、出展社の革新技術をバーチャルに紹介するだけでなく、マッチメイキング機能を介して視聴者と出展社が連絡する機会も得られる。

 

 

 

イベント 技術・製品-関連の記事

PAGE TOP