2020年12月03日

㈱ミマキエンジニアリング(本社・長野県東御市、池田和明社長)は12月2日、新中長期成長戦略説明会をオンラインで開催した。

この説明会では、売上高成長を追求するだけでなく、高い収益を継続的に生み出すとともに財務基盤を強化して、2025年度に営業利益率10%および経常利益率8%を達成する経営方針「Mimaki V10」を示した。

 

同社では平成28年度に策定した中長期ビジョン「M1000」で、4~8年後に売上高1000億円の達成を目指し、成長可能性の高い産業印刷市場において持続的な成長を果たすべく、技術、営業、生産の各戦略および経営基盤の強化に取り組んできた。

しかしながら、新型コロナウイルス感染症の拡大にともなう世界的な景気低迷の影響、市場ニーズや顧客の志向変化を踏まえ、withコロナ/afterコロナの時代を見据えて、従来の取り組みを根本的に見直し、令和7年度をゴールとした新中長期成長戦略を策定した。

 

「Mimaki V10」では、前工程・印刷/カット/コート・後工程の一貫システムや製品によるソリューション提供で、産業印刷のデジタルオンデマンド化をけん引していくことを基本方針に掲げた。

FA事業を保有する優位性を最大限に活用して、サイングラフィックス、産業印刷、テキスタイル・アパレルの各市場における印刷工程の自動化を実現する、デジタルオンデマンドプリントソリューションを提供する。

 

サイングラフィックス市場については、従来からの主流である有機溶剤系インクから、環境負荷が低いUV硬化型インクへの転換が加速する機を捉え、競争優位を確保しているUV硬化型インクを活かした製品やソリューションの開発・販売活動を積極的に展開する。

また、エントリー領域でのシェア拡大と、ミドル/ハイエンド領域での収益確保、 UVプリンター特許技術の活用による競争優位性強化を図る。

 

産業印刷市場については、拡大するスマートファクトリーの流れを捉え、印刷/カット/コート工程の自動化による省人化・無人化を実現する製品やソリューションを提供するとともに、グッズ・ノベルティ印刷市場で大きなポジションを占めているパッド印刷を、インクジェットによるデジタル化を啓蒙して新たな成長市場として開拓する。

 

テキスタイル・アパレル市場については、コロナ禍により市場が店頭販売からEコマースにシフトし、また生産者の需要が高速機から高付加価値機に変化していることを踏まえたソリューションを提供する。

高速機は「Tiger1800B MkⅡ」でポジションを維持しつつ、中・低速機のラインナップを強化し、デジタルオンデマンド需要に対応する。

 

池田社長

池田社長

3Dプリンティング事業については、平成29年に発売した1000万色フルカラー「3DUJ-553」を皮切りに、熱融解積層方式、1.8㍍大型造形モデルと順調にラインナップを拡大している。

3Dによる造形を容易にするためのソリューションの提供をしつつ、令和3年1月からは1000万色フルカラーのエントリーモデルを投入して、需要拡大を図っていく。

 

同社の池田社長は「コロナ禍においては、売上を伸ばすことだけを目指した戦略から転換した、新たな中長期戦略を策定した。当社は開発型企業として、市場に新しさと違いを提供するイノベーターを目指していく。開発計画を全面的に見直し、新しい市場向けのプライオリティを上げ、販売製品の25%以上が3年以内に開発した製品となるようにしたい。そのために、短期間で効率的に新製品を投入する開発プロセスを確立していく」と述べた。

 

 

 

 

企業 技術・製品-関連の記事

PAGE TOP