2020年11月30日

京セラ㈱(本社・京都府京都市伏見区、谷本秀夫社長)は、高速・高画質印刷を実現するインクジェットプリントヘッドの次世代モデル「KJ4B-EX1200」を開発し、12月から販売を開始する。

 

KJ4B-EX1200

KJ4B-EX1200

同社では大型の一体型ピエゾアクチュエータを採用することでヘッド内の画質を均質化し、より高画素な印刷を実現する「KJ4 EX」シリーズを開発し、600dpiモデル「KJ4B-EX600」を今年4月から販売している。

今回販売を開始する「KJ4B-EX1200」はシリーズ第2弾で、幅広い印刷用途向けのインクジェットプリントヘッドとなる。

解像度1200dpiのインク循環モデルで、多彩な印刷対象物に対応し、従来モデルに比べて25%の高速性を持ちつつ高画質な印刷を実現している。

また、このモデルに加え、より汎用性の高い大滴モデル、UV対応可能モデルなど、今後順次ラインアップを拡充していくことを予定している。

 

「KJ4B-EX1200」の主な特徴は次のとおり。

▽吐出周波数の高速化と吐出安定性の向上により、高生産性を実現

インク流路設計の最適化とヘッド構造の見直しにより、ヘッドの最大駆動周波数を向上させるとともに、インクの吐出安定性を高めている。

最大駆動周波数は従来モデルに比べて25%高速となる80kHzに向上しており、送り方向1200dpiでの印刷時に最大毎分100㍍でのシングルパス印刷を実現する。

 

▽シンプルかつ堅牢な積層構造を採用し、高耐久性を実現

一体型ピエゾアクチュエータの採用によって構造設計の自由度が増し、シンプルかつ堅牢な構造を実現している。

これにより、構造体としての強度と安定度を向上させ、耐久性を高めている。

 

▽微小滴の安定吐出により高精細な画質を実現

任意形状の駆動波形を実現できるアナログ波形回路を内蔵し、微小滴の安定吐出に適した駆動波形を生成できるようになったことで、最小液滴量1.5plの微小滴の安定吐出を実現している。

また、水冷構造を搭載して回路の発熱が吐出部の温度に影響を与えない構造とすることで、吐出特性への影響を最小限に抑え、安定した連続高速印刷を実現している。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP