2020年11月30日

㈱グーフ(本社・東京都品川区、岡本幸憲社長)は、印刷計画最適化支援システム「OneFlow」のオプションとして、印刷機および人的理由で発生したミスを察知して自動的に再印刷・製本・出荷処理を実現するリカバリーモジュールを開発し、その第1号ライセンスをキヤノンメディカルシステムズ㈱(本社・栃木県大田原市、瀧口登志夫社長)のドキュメントセンターにインストールした。

 

「OneFlow」のリカバリーモジュールは、検品の段階で実施する人的チェックだけではなく、印刷検査装置から品質不良が検出された情報を㈱ホリゾン製の製本ワークフローシステム「pXnet」と連携して最適化を行い、デジタル印刷機に対して自動的にリプリント実行指示をする機能を備えている。

 

キヤノンメディカルシステムズのドキュメントセンターでは開設当初から「OneFlow」とキヤノン製高速インクジェット輪転機「ColorStream6700Chroma」を連携させ、受注処理から印刷までの自動化を実現していた。

しかし、印刷や製本時に発生する詰まりや汚れが原因の品質不良には手動で対応しており、納期保証を実現するために多くの課題を抱えていた。

 

キヤノンメディカルシステムズの兵藤伊織氏は「リプリントをするには版下データを探す手間と時間がかかるので工数が大きく発生し、人的なミスも発生していた。これを自動化したいとドキュメントセンター開設当時から考えていた。デジタル印刷機の最大のメリットである、ソフト、デジタル印刷機、製本機をITでつないで自動化することで、固定費を大きく削減することも可能となる」とリカバリーモジュールに寄せる期待を表している。

 

 

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP