2020年11月26日

キヤノンマーケティングジャパン㈱(本社・東京都港区、坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ㈱(本社・東京都港区、井崎孝社長)は12月中旬から、広幅デジタルモノクロ複合機「PlotWave3000/3500/7500」を発売する。

 

PlotWave7500

PlotWave7500

「PlotWave3000/3500」は高品質印刷を実現しながら高度なセキュリティを兼ね備えた広幅デジタルモノクロ複合機で、「PlotWave7500」はより高速な印刷や複数のロール紙を収納できる高い拡張性を可能にしたセンターマシンとなる。

「PlotWave3000/3500/7500」は、キヤノン独自開発の印刷技術「ラジエント・フュージング・テクノロジー」を搭載し、高解像なだけでなく忠実な再現性を実現し、微細な線や小さな文字もつぶれない高品質印刷を可能にしている。

さらに、この独自のトナー定着技術により、一般的なトナー定着方式に比べ消費電力を約50%削減しているほか、紙詰まりの抑制も実現している。また、オゾン排出がほとんどないため、オフィス環境にもやさしくなっている。

 

「PlotWave3500」はA1サイズ(横)で毎分6枚、「PlotWave7500」はA1サイズ(横)で毎分10枚の印刷スピードを実現。

さらに、休止状態からウォームアップタイム0秒での出力実行や、印刷、コピー、スキャンの別々な業務を同時に行うマルチタスク処理により、印刷プロセス全体の時間削減を可能にしている。

また、マルチタッチパネル「クリアコネクト」の搭載により、パン、ズーム、スワイプ、スプレッドなど、スマートフォンのような操作性を実現。使いやすいシンプルな画面で素早い操作が可能となり、生産性をよりいっそう高めている。

 

統合印刷セキュリティテクノロジー「スマートシールド」を新たに搭載。

ディスクの暗号化、ハッキング対策を含むテクノロジーで統合的に保護している。

さらに、「PlotWave7500」はICカードによる個人認証システムでアクセス制御することにより、故意または過失による機密性の高い印刷物やデータ漏洩を防ぐことができる。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP