2015年06月25日

藤原社長

藤原社長

コダック(同)(本社・東京都品川区、藤原浩社長)は、省電力UV印刷が急速に普及している日本市場に適した、プロセスフリーサーマルCTPプレートの新製品「Kodak Sonora XJプロセスフリープレート」を6月25日から発売する。

 

「Kodak Sonora XJプロセスフリープレート」は印刷機上で現像をする無処理版で、プレートセッターでの露光後、現像や水洗、ガム引き、乾燥などの処理工程を経ず、そのまま印刷機にセットできる。

最大の特徴は、省電力UV印刷で使われる高感度UVインキやエッチ液、洗浄液などへの高い耐薬品性を備えていること。

省電力UV印刷で3万枚の耐刷力を備え、油性インキであれば20万枚の印刷にも対応可能。

露光時の感度についても改良され、菊全判で毎時55版(Kodak Magnus Q800プレートセッター Zスピードの場合)の露光出力が可能。

露光後の画像確認ができる視認性を備え、また現像液を使用しないので高精細印刷を行う場合でも安定した再現性が実現できる。

 

同日に開催された記者会見の席上、藤原社長は「日本の印刷市場の現在のニーズに応えるために、研究・開発も日本の群馬工場で行った。プロセスフリーでありながら省電力UV印刷にも高い適応性を持つCTPプレートとなっている。この新製品の発表は、当社の歴史の中でも重要なものだ。環境性能、生産効率なども含め、時代の流れに沿った業界唯一のプレートとなっており、とても期待と興奮をしている」と述べた。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP