2020年11月18日

アルテック㈱(本社・東京都中央区、張能徳博社長)は、Stratasys Ltd.社製のデスクトップタイプ高精細3Dプリンター「Objet30Pro V5」と「Objet30Prime V5」の2機種の取り扱いを開始した。

 

Objet30 V5

Objet30 V5

Stratasys Ltd.社のPolyJet(インクジェット)方式の「Objet30シリーズV5」は、従来のデスクトップタイプ3Dプリンター「Objet30シリーズ」の後継機種として、低価格材料「DraftGrey」の対応し、またシンプルなインターフェイスで評価の高い「GrabCAD Print」にも対応し、さらに使いやすくなった。

「DraftGrey」は低コストでのモデル造形が可能で、コンセプトデザインや開発初期のモックアップの作製などをより手軽に行うことができる。

「GrabCAD Print」ではSTLデータのみならずさまざまな3DCADのネイティブデータの読み込みが可能で、データエラーの自動修正やトレーデータの作成を直感的に行えるのが特徴となる。

 

「Objet30Pro V5」ではアクリルベースの硬質材料や、透明材料、耐熱材料、PPライク材料、低価格材料に対応、「Objet30Prime V5」ではこれらに加え、ゴムライク材料や生体適合性材料が使用可能。

ニーズに合わせて材料を選択することが可能で幅広いアプリケーションに対応し、製品の市場投入までのプロセスを効率化できる。

また、コンパクトな筐体は設置場所を選ばず、オフィス環境から工場環境まで、エンジニアやデザイナーの手の届くところに置くことができる。

 

そのほかの主な特徴は次のとおり。

▽ハイエンド機のみの対応だった「DraftGrey」に対応。すぐれたコストパフォーマンスを実現する「DraftGrey」は、従来の硬質材料であるVeroシリーズよりも最大約40%のコスト削減が可能となる。また、視認性の高いグレーなので、形状確認に適した材料となる。

▽「GrabCAD Print」は、3DCADのデータを3Dプリンターに送るためのStratasys Ltd.社製3Dプリンター専用ソフト。従来は、3DCADデータをSTLデータに変換する必要があったが、各種3DCADのネイティブデータの読み込みが可能なので、変換時の手間やエラーがなくなる。また、ジョブのクラウド管理機能による複数機の稼働状況・造形完了時間・材料の残量の管理が可能。さらには遠隔モニタリング機能、3Dプリンターと材料の使用履歴を統計的に分析するレポート機能、造形のスケジューリング機能なども搭載している。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP