2020年11月17日

芝浦工業大学(東京都港区・村上雅人学長)工学部電気工学科の重宗宏毅助教ら研究チームは、標準的なインクジェットプリンターを利用して紙へ自律的に折り畳む順序をプログラムする、構造や動きの印刷を可能にした。

 

紙のセルロース繊維と印刷する薬液の反応をエネルギーとして自律的に立体構造が形成され、さらに動き出すソフトロボットの開発に成功。

印刷によって構造や動きをプログラムすることで、柔らかくもろい製品の立体的な包装に活用したり、太陽電池パネルをつねに太陽に向かせることでエネルギー収集量を増やすなど、技術の幅広い応用が期待される。

 

img_235434_1

自律的に折られる構造物の印刷。薬液濃度の異なるインクを戦略的に印刷することで各折り目の位置や折るタイミングを制御することができる。

この研究では、インクジェットプリンターで印刷後、紙が自律的に動いて折り畳まれる方法を確立した。

具体的には、濃度の違う薬液をインクに使用し、折り畳み順序や折り畳み位置の指定が可能にした。

紙の折り畳み動作には、電力などの外部エネルギー源は不要。

 

標準的なインクジェットプリンターのインクカートリッジに薬液を入れ、紙に単純な直線を印刷することで、線を起点に紙が自動的に折り畳まれる。

濃度の違う薬液をインクカートリッジに設置することで、折り畳みの順序付けを可能にした。

それにともない、薬液の濃度と折り畳み時間の関係性についても解明している。

カートリッジの数を増やすほど、より多くの動きを紙に対してプログラムできる可能性がある。

 

 

 

 

PAGE TOP