2020年11月16日

DIC㈱(本社・東京都中央区、猪野薫社長)と㈱エフピコ(本社・広島県福山市、佐藤守正社長)が、プラスチック食品包装容器などの素材であるポリスチレンの完全循環型リサイクルの社会実装に向けた検討を本格化させた。

 

DICはプラスチックの高度資源循環の社会実装に貢献するため、産官学連携で廃プラスチックの材料再生プロセス開発のプロジェクトに参画してマテリアルリサイクルの研究を進めている。

また、食品包装などのパッケージ素材として使用されるポリスチレン、フィルム、インキ、接着剤などの素材がプラスチックのマテリアルリサイクル特性に及ぼす影響について基礎的な研究を行い、環境負荷の少ないパッケージ素材の製品開発を行っている。

 

エフピコグループでは、一般家庭から排出される使用済み発泡ポリスチレン食品容器をマテリアルリサイクルによって再生利用する「エフピコ方式のリサイクル」を積極的に推進している。

現行のリサイクルは、使用済みの白色発泡ポリスチレン容器を粉砕し、再度溶融した上で製品化するマテリアルリサイクルとなる。

白色発泡ポリスチレン容器はエコトレーとして再生し、色柄付きの発泡ポリスチレン容器はハンガーなど日用雑貨品に再生利用されている。

 

ケミカルリサイクルによるポリスチレンの完全循環型モデル

ケミカルリサイクルによるポリスチレンの完全循環型モデル

ポリスチレンは制御された加熱条件下で容易にモノマー還元(ポリスチレンの原料であるスチレンモノマーにもどる)される性質があるため、今回検討されているケミカルリサイクルに適している。

ケミカルリサイクルで得られたスチレンを用いて生産されたポリスチレンは、従来から生産されている石油原料から生産されたポリスチレンと同等の性能ならびに安全性を有しているので、使用用途が限定されずに幅広い用途で利用可能となる。

 

DICとエフピコは、ケミカルリサイクルに関する合弁会社を含めた共同事業体設立などの協業を視野に、モノマー還元技術を外部から導入することで、従来食品包装容器として再生利用していなかった色柄付きの発泡ポリスチレン容器の再生を実現し、ポリスチレン製品の完全循環型リサイクルを目指す。

ケミカルリサイクルによるポリスチレン製品の完全循環型リサイクルでは、エフピコがすでに運用している「エフピコ方式のリサイクル」に加え、さらにそれを活用して使用済み食品容器を市場から回収し、色柄付きの発泡ポリスチレン容器を両社の共同事業体などでリサイクルスチレンモノマーに再生したものからDICでポリスチレンを生産し、エフピコでエコトレーなどへの製品利用を図る。

 

 

 

 

企業 技術・製品-関連の記事

PAGE TOP