2020年11月13日

㈱ロジック・アンド・デザイン(本社・東京都新宿区、佐藤公明社長)は11月13日から、デジカメやスマートフォンの画像ファイルを、クラウドを利用したWebブラウザ上の簡単なPC操作で鮮明化できるサブスクリプションサービス「Lisr-CIS」の提供を開始する。

 

「Lisr-CIS」はWeb GUIによる画像処理サービスで、同社が開発した画像鮮明化技術を用いることで、画像に加工や修正を加えることなく鮮明化を実現する。

Webブラウザ上の操作でプロユースの画像処理ソフトと同等の効果が得られる、サブスクリプションのクラウド画像鮮明化サービスとなる。

 

「Lisr-CIS」による画像処理例同社の画像鮮明化技術は、画像を構成する画素ごとにアルゴリズムによる判断を瞬時に行い、狭くなってしまったダイナミックレンジを広げ、新しい画素に置き換えていく。

画素ごとに判断することで極端に明るい部分と暗い部分が混在していても画像全体のバランスは崩れず、明るい場所は明るいなりに、暗い場所は暗いなりに処理され、とても鮮明な画像となる。

とくに、悪天候で視界が悪くなった画像、光量不足によってとても暗くなってしまった画像、逆光や光量変化が大きいために黒つぶれした画像で、被写体を鮮明にすることができる。

 

「Lisr-CIS」の特徴は次のとおり。

①高額な画像処理装置やソフト、高性能パソコンを必要とせず、Webブラウザ上の簡単な操作のみで処理できる。

②クラウドでの画像処理を実行し、SSL/SSHによる強固なセキュリティを実装。

③多数の画像フォーマットに対応し、自動化された画像処理で複雑な設定が不要。

④用途やボリュームに応じた3つの価格帯の設定。SNS向けに画像を鮮明にしたいといった個人ユーザーから、社内の印刷物や資料制作などの企業内用途向け、報道カメラマンなどのプロユース向けなど、ニーズに応じた3コースを用意。

▽Lightコースは3300円/月(容量:VGA100枚分相当)

▽Standardコースは5500円/月(容量:Hi Vision100枚分相当)

▽Powerコースは7700円/月(容量:Full Hi Vision100枚分相当)

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP