2020年11月04日

漫画やアニメの同人誌印刷や関連グッズ印刷、特殊印刷を得意とする合同会社いこい(本社・大阪府大阪市、根田貴裕社長)では今年1月、デジタル印刷機の追加導入として「HP Indigo7900デジタル印刷機」を採用した。

 

同社は平成24年設立の会社で、平成30年に「HP Indigo7600デジタル印刷機」を設置して以来、高い印刷品質を特徴として事業を成長させてきた。

そして今回の追加設備によって、より多くのプロセスの自動化と迅速かつ効率的な生産を実現した。

 

高度な色再現がされた印刷サンプル

高度な色再現がされた印刷サンプル

同人誌の人気は過去10年間で急上昇し、同社はRGB色域の再現を強みとして市場の拡大を推進している。

現在稼働している2台の「HP Indigoデジタル印刷機」はいずれも7色構成で、RGB色域の再現に適した特殊インキであるビビッドピンクとビビッドグリーンを装備し、モニター上と印刷物との色の再現性の高さや、キャラクターの表現に適した発色など、同人誌に求められる品質を追求している。

また、紙素材への印刷に加えてクリアファイルなどの特殊素材への印刷も可能なので、幅広い商品ラインアップによって印刷発注者の需要に応えている。

 

同社の根田社長は今回のデジタル印刷機の追加設置の狙いと背景について、「当社は高品質で広範な色再現性を実現する、同人誌や関連グッズの印刷で知られている。ビビッドピンク、ビビッドグリーンという2色の特殊インキを持つHP Indigoデジタル印刷機を採用することで、高度なRGBの色域を再現することに成功している。今回の追加設置によって生産性がいっそう向上し、より多くの種類のジョブに短時間で対応できるようになった。高い生産価値と当社の持つ技術により、多品種小ロットが求められる同人誌の市場をリードし、さらなる顧客満足度の向上を追求していく」と述べている。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP