2020年11月02日

㈱プロスパークリエイティブ (本社・東京都中央区、川端秀樹社長)は、オフセット印刷物やPOD印刷物をスキャナ入力してデジタル化した画像データを絵柄比較するソフトを開発し、顧客と対面せずに非接触で迅速に色校正業務を行うことができる「ネット色校正」システムを11月2日から発売する。

 

Nネット色校正_20201026この「ネット色校正」システムは、従来は顧客との対面もしくは運送を介して行っていた印刷の色校正紙でのチェック作業について校正紙の移動を要することなく、ネット上で色校正絵柄画像の比較を色数値情報によって迅速に行うことができるもの。

印刷会社の営業と顧客がインターネットを使い、色比較したい2つの絵柄(基準画像と色校正紙をデジタル化したもの)をモニターで表示し、その絵柄の任意の部分をマウスでクリックすると瞬時に色差分をΔEやCMYK%の色数値で表示される。

この色数値情報はPDFの「色校正指示書」として自動作成されるので、これをDTP部門に送信することで色校正作業の迅速化と色校正時間の短縮にもつながる。

またこれにより、顧客やデザイナーを訪問したり色校正紙を配送したりする必要もなくなるので、訪問時間や配送の手間など、双方にとって色校正に要するコスト削減にもなる。

 

概要図「ネット色校正」の基本セットの標準価格は、PCとソフト付きで560万円から。

基本セットには、「ネット色校正」ソフトと顧客用スーパービューアがセットになっている。

基本セットには、PCと色チャート、スキャナ用とモニター用の基本プロファイルセットが含まれる。

営業拠点がある場合には、営業所用アクティブビューアソフトもオプションで用意されている。

「ネット色校正」基本ソフトをインストールしたPCを印刷会社の営業あるいはDTP部門に設置、顧客用スーパービューアソフトを顧客のPCにインストールしてインターネットで活用する。

営業拠点が別にある場合は、 営業所用アクティブビューアソフトを営業所のPCにインストールして活用する。

 

新型コロナウイルス感染症の流行が続く状況において、非接触・非対面・テレワークに対応するシステムとしても期待される。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP