2015年06月24日

トッパン・フォームズ㈱のグループ会社で、クラウド型電子決済プラットフォームサービス「Thincacloud/シンカクラウド」を提供するTFペイメントサービス㈱(東京都港区、黒羽 二朗社長)と、シンガポールで電子マネー事業を展開するNetwork for Electronic Transfers (Singapore) Pte Ltd(NETS、シンガポール、Jeffrey Goh社長)は「シンカクラウド」に関する協業で、基本合意書を取り交わしたと6月24日発表した。

 

「シンカクラウド」はTFPSが2011年から日本国内で展開しているシンクライアント方式のサービス。

 

現在、シンガポールでは一般的にリッチクライアント方式の電子決済サービスが利用されているが、今後、NETSとTFPSは販売加盟店が導入しやすい低価格で革新的なこのクラウド型電子決済サービスをシンガポールで提供する予定。

 

同サービスは、特にアミューズメントや自動販売機、セルフサービス分野など、低コストでの非現金決済に適している。また、「シンカクラウド」を活用したシンガポールと日本の国境を超えた電子決済を実現するアプリケーションの提供にも取り組む。

 

NETSとTFPSは15年末から「シンカクラウド」の試験導入を開始する予定。

 

 

 

 

PAGE TOP