2020年10月27日

来年4月に開催が予定されているdrupaをいち早く体験できる新たなデジタルサービス「drupa preview」が10月27日からスタートした。

drupa本部長と印刷・メディア産業メッセ統括を兼務するS.ゲルダーマン氏、ドイツ機械工業連盟(VDMA)印刷・製紙機械工業会のDr.M.ヘーリング専務理事、そしてメッセ・デュッセルドルフ取締役デジタル戦略・通信担当のDr.C.プレンゲ氏による公開討論を皮切りに、出展者や専門家などが重要なテーマについて議論を重ねるライブセッションが配信される。

 

このdrupa previewは、主に3つのエリアで構成されている。

Exhibitor Spaceでは出展者や出展予定製品が画像や動画などとともに紹介され、Conference Areaではdrupaが取り上げるトピックスに関する専門家の洞察を得ることができる。

出展者・来場者の双方が交流できるNetworking Plazaでは、関連するあらゆる業界に対して継続的な意見交換と知識移転の場が提供される。

 

drupa previewの利用、ライブセッション参加無料登録は https://preview.drupa.com/en/Registration から。

 

 

 

イベント-関連の記事

PAGE TOP