2020年10月21日

リコージャパン㈱(本社・東京都港区、坂主智弘社長)は10月2日、神奈川・海老名にデジタル印刷のショールーム「RICOH Customer Experience Center リコーテクノロジーセンター」をリニューアルオープンした。

 

このリコーカスタマーエクスペリエンスセンターは、最新のデジタル印刷をワークフローに沿って体感できるショールーム。

ここでは、来場者1社ずつに最新のインクジェット・デジタル印刷ワークフローを体感してもらえる個別展示会(要予約)を実施している。

 

個別展示会では、①デジタル印刷ワークフロー「RICOH Totalflow Batch Builder」および「RICOH Process Director」の自動化ソリューション、②カラー高速連続用紙インクジェットプリンティングシステム「RICOH Pro VC70000」を実際に稼働させ、用紙の巻き出しから印刷、巻き取り、カット/スタック/製本過程までの前後処理装置を含めた印刷プロセスの全工程--を体感できる。

 

RICOH Pro VC70000

RICOH Pro VC70000

リコーカスタマーエクスペリエンスセンターに設備されて機器は、「RICOH Pro VC70000」のほか、㈱太陽機械製作所製のTRP型前後処理装置給紙部/巻取部、シートパイルおよび刺身コンベアー、㈱ホリゾン製のデジタル印刷向け中綴じ製本ライン「StitchLiner6000Digital」、ハイデルベルグ社製の断裁機「ポーラー66Eco」など。

データ・用紙を事前に提供すると、 「RICOH Pro VC70000」のサンプル作成をすることもできる。

 

 

 

 

企業 技術・製品-関連の記事

PAGE TOP