2020年10月06日

独・ハイデルベルグ社およびハイデルベルグ・ジャパン㈱(本社・東京都品川区、ヨルグ・バウアー社長)では今秋、2つのオンラインイベントを開催する。

ハイデルベルグ社ではdrupa2021への出展を取りやめたことにともない、同社の世界各地の拠点でオープンハウスを開催したり、デジタルコミュニケーションを活用したイベントへの移行を加速させていく方針を示しており、今回のイベントもその一環となる。

ハイデルベルグ・ジャパンでは10月6日にWeb記者会見を開き、これらのイベントの詳細を明らかにした。

 

バウアー社長

バウアー社長

会見の冒頭、あいさつに立ったハイデルベルグ・ジャパンのバウアー社長は「drupa2021への参加を見送ったのは我々にとって辛い選択だった。印刷業界に携わる世界中の人が一堂に会することができるのがdrupaの魅力だが、このコロナ禍を受けて来場者および社員の安全を最優先して決断した。drupaへの参加を見送る代わりに、東京も含めた世界中にあるハイデルベルググループのショールームでオンラインイベントや小規模なイベントを開催することにした。それぞれの国・地域の市場ニーズに沿ったイベントを企画していくので、我々がこれからもユーザーにとって信頼できる強力なパートナーであること、そしてユーザーに成功をもたらすようなプロバイダーであることを、イベントを通じて感じてもらいたい。多くの印刷会社では受注が減少して経営が難しい状況になっていると思うが、新型コロナウイルス感染症の流行が終息した暁には、ユーザーのみなさまが印刷業界のベストなポジションにいられるよう、我々も最善を尽くしたい」と述べた。

 

今秋に開催されるオンラインイベントは、10月19~23日に独・ハイデルベルグ社が主催する「Innovation Week2020」、そして11月9~12日にハイデルベルグ・ジャパンが主催する「Push to Stop2020~解き放て、ポテンシャル~」と銘打った2つのオープンハウスとなる。

 

ハイデルベルグ社では「UNFOLD YOUR POTENTIAL~解き放て、ポテンシャル~」というモットーの下、プロセスのデジタル化によって解き放つことができるポテンシャルについて焦点を当てた提案している。

そこでこの「Innovation Week2020」では、印刷会社の生産性・競争優位性を飛躍的に向上させる革新的な技術、新しいビジネスモデル、エンドtoエンドなソリューションによって、印刷会社の未来像を示す。

イベントは、▽デモンストレーションを含めた製品プレゼンテーション、▽エキスパートトーク、▽ビデオチャットでの1:1セッション--の3部構成。

プレゼンテーションの音声は英語とドイツ語のみとなるが、日本語字幕も用意される。

また、ハイデルベルグのスタッフと直接、質疑応答ができる1:1セッションでは、日本の視聴者についてはハイデルベルグ・ジャパンのスタッフが対応する。

内容は、5日間を通して毎日異なるものが配信される。

そのプログラムは、10月19・20日が商業印刷会社、21日がラベル印刷向け、22・23日がパッケージ印刷向けとなる。

参加登録は、 https://innovationweek.heidelberg.com/ja から。

 

一方、ハイデルベルグ・ジャパン主催のオンラインイベント「Push to Stop2020~解き放て、ポテンシャル~」は、11月9日と11日が商業・出版印刷会社向け、11月10日と12日がパッケージ・ラベル印刷会社向けの内容となる。

各日とも、▽午後1時半~4時、▽午後5時10分~7時40分--の2回開催。

参加申込は10月中旬以降、ハイデルベルグ・ジャパンのホームページから。

 

主な出展製品は下記のとおり。

▽プリネクトプロダクションマネージャー

▽菊全寸のび判高速サーマルCTP「スープラセッター106」

▽ターンテーブル搭載「デュアルカセットローダー106」

▽菊全寸のび判6色印刷機「スピードマスターXL106-6+L 2020ジェネレーション」

▽全自動システム断裁機「ポーラーN137PACE」

▽高速紙折り機「スタールフォルダーKH82-P Push to Stopモデル」

▽ライフサイクルソリューションズ

 

--------------------

 

ハイデル・フォーラム21(=HDF21)は10月29日午後4時から、全国大会・高付加価値オンラインセミナーを開催する。

このセミナーでは、▽本部役員座談会「コロナ禍にも負けない企業であるために(仮題)」、▽㈱A and Live代表取締役 髙田明氏(ジャパネットたかた創業者)による基調講演「夢を持ち続け日々精進~“成長”の要因と“夢”のつなぎ方~(仮題)」--が行われる。

 

 

 

 

PAGE TOP