2015年06月23日

㈱リコー(本社・東京都中央区、三浦善司社長)は、 厚生労働省東京労働局の改正次世代育成支援対策推進法に基づく特例認定(通称:プラチナくるみん認定)制度で「プラチナくるみん認定」を受けた。

 

「プラチナくるみん認定」とは、子育てサポート企業として「くるみん認定」を受けた企業のうち、より高い水準の取り組みを行った企業が認定を受けるもので、今年4月に新設された。

東京労働局管内では3月末の段階で790社が「くるみん認定」を受けており、今回、同社を含めた5社が東京都内で初めて「プラチナくるみん認定企業」として認められた。

 

同社はワークライフマネジメントの実現に向け、多様な人材が活躍できる、やりがいのある職場環境の整備に積極的に取り組んでおり、育児支援制度の拡充、5日連続の年次有給休暇の取得奨励、多様な働き方を可能にする新たなフレックスタイム制度の導入、育児休業の取得人数の多さなどが評価され、今回の認定につながった。

 

 

タグ:

企業-関連の記事

PAGE TOP