2020年09月29日

エプソンは令和3年2月から、インクジェットデジタル捺染機「Monna Lisa(モナリザ)」シリーズの新製品として、少量・多品種生産に適したエントリーモデル「ML-8000」を発売する。

 

捺染市場では、消費者ニーズの多様化にともなう少量・多品種生産の拡大、持続可能な社会の実現に向けた環境への配慮などの背景があり、アナログからデジタル捺染へのシフトが求められている。

そこで同社ではデジタル捺染ビジネスのグローバル展開により、インクジェットによるテキスタイル分野のデジタル化を推進している。

 

この「ML-8000」は高い生産性と印捺品質、安定稼働を実現しながら、導入コストを抑えたMonna Lisaシリーズのエントリーモデル。

4.7インチの最新PrecisionCoreマイクロTFPプリントヘッドを8個搭載し、標準モードで毎時155平方㍍の印刷速度を実現している。

 

「ML-8000」の主な特徴は次のとおり。

ML-8000

ML-8000

▽バンディングや色ムラを防いだり、忠実な色再現となめらかな諧調の実現、ハーフトーンドット着弾位置をレイヤー別にランダムに配置することでドットの位置ずれによる画像の劣化を軽減するカラープロセシング技術「Epson Precision Dot Technology」により、 グラデーションや精緻で複雑な幾何学模様も見事に再現する。また、各プリントヘッドチップの波形を個別に制御する技術により、高精度かつ高密度のドット配置を行うことで、安定した印捺品質を提供する。さらに、8色のインクを左右対称に配列することにより、双方向印刷時も同じ順序で色を重ねられるので色ムラのない仕上がりになる。ベルト送り距離を自動検出して送り量を調節する技術とあわせ、高い生産性を提供しながらも高品質な印捺を実現している。

 

▽高度な洗浄機構と自動調整機能により安定稼働を追求。毛羽除去システムがドット抜けの原因となる毛羽がプリンター内部へ侵入するのを防ぐ。

また、インクミストを吸引ファンが排出してノズル表面にインクミストが付着するのを防ぐ。

ノズル自己診断システムではプリントヘッドのドット抜けを自動検知しインクの吐出を調整して画質を維持。

さらに、ヘッドクリーニング時に布ワイパーがプリントヘッドを自動的に拭き取るので、毎日の手動メンテナンス作業を軽減される。

高精度なプリントヘッド位置合わせ機構やRGBカメラによる自動キャリブレーション機能により、調整を含むヘッド交換作業をわずか30分で完了できる。

 

▽プリンターのステータス、操作手順、定期的なメンテナンスの手順を表示する9インチのLCDタッチパネルと、10㍑もしくは3㍑のカートリッジを1色あたり2本装着し、中断のない生産を可能にするホットスワップ対応大容量デュアルインク供給システムを搭載している。

 

▽安全・環境を考慮した自社開発の「GENESTAインク」を採用。

脱気式真空パックの酸性インク・反応インク・分散インク・顔料インクのラインアップで多種多様な生地やデザインに対応し、繊細な色使いから鮮やかな発色まで、思い通りに表現できる。

用途により特色インクや浸透液も搭載可能。

また、繊維製品の化学物質に対する国際的な安全規格「エコパスポート」認証を取得。

加えて酸性インクはbluesignに、反応インクと顔料インクはGlobal Organic Textile Standard(GOTS)認証機関であるECOCERTに承認されている。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP