2020年09月28日

㈱新東通信(本社・愛知県名古屋市、谷喜久郎社長)は、石灰石を主原料とする新素材「LIMEX」と紙製強化ボードを用いた軽量で頑丈な什器・POP「LIMEX EcoDiss」を、日興美術㈱(LIMEX取扱印刷会社)とプリ・テック㈱(製造協力)と共同で開発し、その制作受付を開始した。

 

「LIMEX EcoDiss」は、 骨組み部分に軽量で頑丈な紙製強化ボードを用い、表面には抗菌加工LIMEXシートを使用することで、デザインや設計における自由度が高い、オリジナル什器・POPとなる。

従来の展示ディスプレイやPOPは、劣化や破損、情報更新などによって交換頻度が高くなり、貴重な資源が多く使われていた。

しかし、「LIMEX EcoDiss」で制作された耐荷重を考慮したディスプレイ什器だと、展示終了後に回収してLIMEXシートと紙製強化ボードに分けた後に再資源化し、新たな商品へとアップサイクルすることを検討しているため、水や木材などの偏在性の高い資源への依存度を抑えることができる。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP