2020年09月17日

特殊印刷を得意とする大同至高印刷㈱(本社・愛知県名古屋市、川瀬康輝社長)では今年7月、「HP Indigo7900デジタル印刷機」を導入し、パーソナライズ製品やカスタム印刷を容易に生産できるようになり、デジタル印刷機で高付加価値印刷事業を拡大させている。

 

同社は、世界の小売ブランドに高品質なカラー印刷を施したプラスチックシート製品を提供している会社。

「HP Indigo7900デジタル印刷機」によって同社は、クリアファイルやノベルティ、販促グッズなどを柔軟にパーソナライズできるようになった。

また、「HP PrintOSX」テクノロジーを搭載する「HP Indigo7900デジタル印刷機」は生産プロセスを自動化し、より多くのジョブを最大の効率で迅速に処理することも可能にしている。

 

導入した「HP Indigo7900デジタル印刷機」

導入した「HP Indigo7900デジタル印刷機」

同社は7月に、名古屋事業所にこの新しいデジタル印刷機を設置した。

名古屋事業所では250種類以上のオリジナルグッズを印刷、生産している。

そして現在は、社内で考案した独自のデザイン形状の商品をデジタル印刷技術とダイカット加工などの高度な技術を組み合わせて提供している。

「HP Indigo7900デジタル印刷機」ではその適用範囲を広げ、特殊インキや「HP SmartStream Designer Mosaic」を活用し、可変デザインを使用した特殊効果を広範に利用することができる。

これにより、専門性の高いサービスを重視する顧客からの、より創造的で高度な要望に応えることができるようになった。

 

同社の川瀬社長は「当社は、PPやPETシートへのオフセット印刷、シルク印刷にダイカットや特殊な貼り加工を加えたオリジナル商品を提供している。“HP Indigoデジタル印刷機”は現行の商材の小ロット品の印刷や校正からスタートさせ、いずれはその特性を活かした販促商材を独自のアイディアで新たに作成、提案していこうと考えている。“HP Indigo7900デジタル印刷機”の導入にあたってもっとも懸念していたフィルム面のインクの密着という課題には、関係者の協力のおかげで想定以上の結果が得られている。現状では“PP製の抗菌マスクケース”に多くの依頼を頂いており、3000枚以下の単発ロット品をこの設備で生産する計画となっている。現在ウェブサイトでは、個人や店舗からの小ロットでの引き合いが増えている。“HP Indigo7900デジタル印刷機”の導入はそのニーズに最適であり、コロナ禍ではあるが良いタイミングでの設備導入になったと思っている」と述べている。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP