2020年09月18日

エプソンは、サインディスプレイ業界向けのSureColorシリーズの新製品として、シリーズ初のレジンインクを搭載した「SC-R5050/R5050L」と、同じくシリーズ初となるUVインクを搭載した「SC-V7000」を12月中旬から発売開始する。

なお、「SC-V7000」は受注生産品となる。

 

SC-R5050

SC-R5050

「SC-R5050/R5050L」は、新開発のレジンインク「UltraChrome RSインク」を6色搭載。

溶剤インクは印刷後に十分な乾燥時間が必要となり、インクの乾燥時間が短納期業務での課題だったが、レジンインクでは印刷後の乾燥時間が不要で、印刷後すぐに後加工が可能になるため大幅な納期短縮に貢献する。

また、レジンインクはVOCの含有量が少なく環境に配慮した水性ベースのインクとなるが、溶剤インクが得意とする塩ビやターポリン、フィルムへの印刷にも適応し、さらに普通紙や壁紙、テキスタイルなど幅広いメディアにも印刷できるので、プリンター1台で幅広い業務に活用できる。

インクは、大容量(1500㍉㍑)インクパック方式を採用し、カートリッジモデルよりもインク交換回数が少なくなると同時に、使用済みのカートリッジ保管スペースも約90%削減できる。

「SC-R5050L」では、印刷中でもインク交換が可能なホットスワップに対応。

インク交換によるダウンタイムを削減し、生産性向上に貢献する。

両機種ともに「ユーザーセルフリペア保守」に加入するとユーザー自身でプリントヘッドの交換ができるので、万一ヘッドが故障してもダウンタイムを最小限に抑えることができる。

 

「SC-V7000」は、新開発の「UltraChrome UVインク」を搭載。

SC-V7000

SC-V7000

10色のインクセットによりさまざまなメディアに繊細で鮮やかな高画質出力が可能となる。

透過性の高いメディアや色付きメディアに印刷する際、ホワイトインクをベースに敷くことで下地の色に影響されず、カラーの発色が良くなり鮮やかで際立った出力が可能になる。

また、レッドインクは色域を広げ、サイン市場で要望が高い「鮮やかな赤」を実現。

さらに、ライトシアン、ライトマゼンタ、グレーインクの淡色インクにより印刷物の低粒状性も実現しているので、近接サイン、グッズ、ファインアートなどの用途でも高画質に出力することができる。

そして、バーニッシュ(透明インク)を全面に印刷することで光沢感を出したり、印刷表面を部分的に艶出しの風合いに仕上げるスポット印刷や、インクを厚く盛って印刷しインパクトを出す厚盛印刷などオリジナルで意匠性の高い出力も可能となる。

メディアの厚さを自動で測定する機能を搭載しており、厚みが違うメディアでもヘッドの高さを自動で調整する。

ヘッド擦れによるヘッド破損のリスクを減らし、ダウンタイムを低減。

また、メディア表面の静電気を除去し、印刷中の吐出安定性を向上するイオナイザーを搭載しており、安定したプリントを可能にしている。

さらに、ホワイトインクの詰まりを抑制するインク循環システムを搭載。

定期的なインク循環時間が短くなるとともにノズル詰まりも予防するので、クリーニングの頻度が減らせて、ランニングコストの低減に貢献する。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP