2020年09月17日

コダックと、製造業界向けの人工知能(AI)ソリューションを提供する専門企業であるPerfectPattern GmbHがこのたび新たな契約を締結した。

この契約によりコダックは、PerfectPattern GmbHの「sPrint Oneソフトウェア」のソースコードのライセンスを取得し、「KODAK PRINERGY OnDemandワークフロー」で使用されているバージョンのsPrint Oneを開発できるようになる。

 

PRINERGY-AI-Perfect Pattern Announcment-Press Release image (004)今回のライセンス契約により、コダックはAIをベースとしたsPrint Oneの機能を、クラウドをベースとしたPRINERGY OnDemandワークフローとより密接に統合し、印刷ジョブの準備をさらに効率化できるようになる。

sPrint Oneはすでに、各印刷機ごとの特徴や要因も考慮しつつ最適化したジョブのギャンギングや印刷のプランニングを自動的にできる「KODAK Dynamic Print Planningサービス」のエンジンに採用されている。

sPrint OneをPRINERGY OnDemandと密接に統合することで、印刷会社のワークフロープロセスの自動化の促進、生産効率の向上、生産コストや材料費の削減、収益性の向上の達成に寄与することができる。

 

コダックのプリント事業部門ソフトウェア担当のバイスプレジデントを務めるトッド・ビガー氏は「今回の契約締結により、インダストリー4.0との統合プラットフォームと、印刷業界全体でも類をみないオートメーション機能がもたらされ、PRINERGY OnDemandで革新的なAIテクノロジーをこれまで以上に簡単かつダイレクトに利用できるようになる。同時に、クラウドをベースとした高性能のワークフローソリューションを備えた当社の製品群が強化され、印刷会社は独自のニーズに的確にあわせることができる」と述べている。

 

 

 

PAGE TOP