2020年09月16日

米国・Adobe社が2020年度第3四半期の決算を発表した。

収益は過去最高となる32億3000万ドル(前年同期比14%増)に達し、デジタルメディア分野の収益は23億4000万ドル、そのうちクリエイティブ分野の収益は19億6000万ドルに拡大している。

 

同社のシャンタヌ・ナラヤン(Shantanu Narayen)CEOは「困難なマクロ経済状況にも関わらず、当社史上最高の第3四半期の業績を達成することができた。これは、当社の革新的ソリューションが世界中で求められていることを示している。当社はクリエイティブ、ドキュメント、顧客体験管理といった分野で業界をリードし、2020年以降も好調に維持できると考えている」と述べている。

 

 

 

 

企業-関連の記事

PAGE TOP