2020年09月10日

一般社団法人日本WPA(日本水なし印刷協会:田畠久義会長)は9月9日、「抗菌印刷Webセミナー」を開催した。

このセミナーは、新型コロナ禍の終息が見通せない中で印刷物に対しても安全・衛生の要求が高まり、抗菌印刷に強い関心が寄せられていることを受けてのもの。

都インキ㈱(本社・大阪府大阪市鶴見区、原田邦夫社長)の松本守常務を講師に招き、水なし印刷用抗菌インキを使用した「抗菌印刷」について、基礎知識から印刷の実務までをセミナーで紹介した。

 

会の冒頭、あいさつに立った同会の田畠会長は「現在、コロナ禍という昨年までは想像すらできなかった未曽有の事態となっている。当会でも総会やdrupa見学ツアー、工場見学会、セミナーなど、今年度もいろいろなイベントを企画していたが、ことごとく中止せざるをえなくなった。その中で今回、このようなWebセミナーという形でのイベント開催となったが、従来型の1ヶ所に人が集まる形のセミナーでは望めないような多数の聴講申込が集まっており、これもWithコロナに向けた改革の1つの成果だと思う。一時期に比べれば経済状況が動き出してはいるものの、終息までは年単位での長期化が予想されている。このような異常な経済状況の中でも、会社を維持していかなければならない。今回のセミナーが、Withコロナという新しい社会の中で、少しでも会員企業の改革のサポートになれば幸いに思う」と今回のイベントの開催趣旨を表した。

 

松本氏のセミナーでは、▽細菌とウイルスの違い、▽殺菌/滅菌/除菌/抗菌の違い、▽抗菌加工マーク、▽銀イオン(Ag+)を活用した抗菌印刷のメカニズムと安全性、▽インキ盛量と抗菌効果の関係、▽抗菌効果の持続性--などについてわかりやすく解説した。

また、都インキが提供する抗菌インキとして、水なし印刷および水あり印刷用の油性インキ/UVインキ、OPニスのラインナップを紹介するとともに、抗菌印刷に続く抗ウイルス印刷の開発も予定しており、将来を見据えた新しい印刷の付加価値のヒントを説いた。

 

 

 

イベント 団体-関連の記事

PAGE TOP