2020年09月09日

キヤノンマーケティングジャパン㈱(本社・東京都港区、坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ㈱(本社・東京都港区、井崎孝社長)は9月中旬から、広幅デジタルカラー複合機「ColorWave3600/3800」を発売開始する。

 

ColorWave3800

ColorWave3800

「ColorWave3600/3800」は、高品質なプリントを実現しながら高生産性と高度なセキュリティを兼ね備えたモデル。

高品質なプリントを実現するキヤノン独自開発の印刷技術「クリスタルポイントテクノロジー」を搭載し、正確で鮮明な描写を実現している。

インク受理層が不要で印刷の際に用紙による影響を受けないため、普通紙でも線画からグラフィックまで高品質な出力ができる。

生産性はA1サイズのモノクロで毎分3.7枚、カラーで毎分3.5枚のスピードで、プリント、コピー、スキャンの別々な作業のマルチタスク(同時並行)処理もできるので作業時間の削減ができる。

加えて、印刷後すぐにトナーが固形化するので乾燥時間が不要で、プリント完了までの時間短縮につながる。

さらに、マルチタッチパネル「クリアコネクト」は高い視認性とスマートフォンのような直感的な操作性を持つので、印刷設定やプレビュー確認・修正を容易に行える。

 

「ColorWave3600/3800」の主な特徴は次のとおり。

4色のトナーをジェル状にして噴射させる、キヤノン独自の印刷方式「クリスタルポイントテクノロジー」を採用。液体インクと異なり、ジェル状のために飛び散りがなく、噴射粒の形状が安定する。また、紙種に影響されることなく、高速出力でありながら高品質プリントを実現できる。

マルチタスク処理機能により、プリント、コピー、スキャンといった別々の業務を同時並行処理が可能。プリント中でも完了を待つことなく、スキャナーから次の作業を開始できるので、無駄な待ち時間を減らして生産性が向上する。

複数のセキュリティ対策を搭載した「スマートシールド」によりプリントワークフロー全体をセキュアな環境に保つことが可能。ICカードによる認証システムで他ユーザーのアクセスを制限し、印刷物やデータの漏洩リスク低減に貢献する。

プリンターモデル、MFPモデルに加え、ロール紙を収納するドロワーの数をニーズに合わせて自由にカスタム可能。設置後でもMFPモデルへの変更やドロワーの追加が可能。

ファン折、クロス折両方の機能を備えた折機との組み合わせオプションが可能(近日発売予定)。また、連続して最大400枚(75㌘/平方㍍)まで積み重ねることが可能な排紙オプション(近日発売予定)も用意される。

 

 

 

PAGE TOP