2020年08月20日

アドビが、年に1度の祭典「Adobe MAX2020」の登録受付を開始した。

 

例年、アメリカの西海岸で実施されていた世界最大のクリエイティブカンファレンスである「Adobe MAX」は、今年はオンラインのバーチャルイベントとして10月21~23日(米国時間10月20~22日)の3日間で開催され、今年はすべて参加費が無料となる。

 

「Adobe MAX2020」は「クリエイティブの楽しさをすべての人に」をテーマに、日本はもちろん世界中からアイデアやテクニックが集まる、誰でもどこからでも参加できるイベントとして、世界同時開催される。

基調講演、最新技術を披露する「SNEAKS」のほか、Adobe Creative Cloudの最新技術に関するさまざまなプレゼンテーションが準備され、ゲストとして映画監督のエイヴァ・デュヴァーネイ氏、俳優のキアヌ・リーブス氏、写真家のアニー・リーボヴィッツ氏、グラミー賞受賞ラッパーのタイラー・ザ・クリエイター氏など、クリエイティブかつ多彩な著名人が講演を予定している。

このほか、共同アートプロジェクトや課題に取り組むチャレンジイベントに加え、世界中のクリエイターがバーチャルでネットワーキングをすることができる機会も用意されており、あらゆるレベルのスキルを対象としたライブおよびオンデマンドのラーニングセッションもある。

 

参加登録をすると、下記のようなことが可能になる。

▽350以上のセッション(日本セッションは40以上)から好きなセッションを選び、自分だけのスケジュールを作ることができる。スケジュールはいつでも自由に変更できる。

▽気になるセッションをお気に入りに登録して管理できる。

▽Adobe MAXのTシャツプレゼントに応募できる。

▽セッションのライブチャットに参加できる。

 

【関連記事】 アドビ、Adobe MAX Japan 2020を米国のAdobe MAX 2020と統合 10月20~22日にオンラインで世界同時開催

 

 

 

PAGE TOP