2020年08月19日

㈱リコー(本社・東京都大田区、山下良則社長)は、高速生産ラインの速度に追従しながら可変情報印字を可能とする「高出力レーザーマーカー」を開発した。

 

この「高出力レーザーマーカー」は、大量生産ラインで高速搬送されているフィルムやラベルなどの包装材に対して、最大毎分300㍍の速度で個別に異なる情報の印字を可能とするもの。

さまざまな製品の高速な生産ラインで速度を落とすことなく可変情報を印字することを実現している。

 

大量生産する製品のラベルへの印字は、版下を用いて同一内容の印字を実施することが一般的となっている。

一方で、期間限定の販促商品へのラベル印字や商品の入出庫や配送状況の管理業務などの効率化を支援するトレーサビリティーを実現するためには、個別のデザインやバーコード、QRコードを印字する必要がある。

シリアルナンバーといった英数文字の可変印字は従来のレーザーマーカーでも可能だったが、画像やバーコード、QRコードなどといった複雑な情報の可変画像の高速印字はできなかった。

 

今回開発した「高出力レーザーマーカー」は、同社が長年培ってきた複合機のレーザービーム制御技術とサーマルメディアの技術を組み合わせることで、高速・高精細なサーマルメディアへの印字を実現したもの。

同社製のサーマルメディア層をコーティングしたラベル用のフィルムに、同時に192本のレーザーを照射することで200dpiの高精細な画像を最大毎分300㍍の速度で印字することを可能とした。

また、レーザーマーカーとしては世界最高出力となる2000Wのレーザーにより、10万分の1秒程の超短時間照射でメディアに熱反応を起こすサーマル印字を可能としている。

さらに、独自開発したレーザードライバーにより、192本のレーザーを同時に最高で毎秒8万回の変調制御を可能とした。

これらの技術の組み合わせにより、大量生産ラインで商品が高速搬送される速度を落とすことなく、可変印字することを実現した。

 

 

 

 

タグ:

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP