2020年08月11日

コダックジャパン(本社・東京都品川区、藤原浩社長)では今年12月末まで、「CTP省力化・省人化キャンペーン」を期間限定で実施する。

 

withコロナの経営環境では、▽テレワークをはじめとする働き方改革、▽IT化・デジタル化による生産性向上--がもっとも重要な課題になる。

このような動向に対して同社では、自動化オプションを搭載したCTPを導入しやすくすることで、省力化・省人化環境の構築をサポートする。

 

具体的には、最新のCTPを特別価格で提供するとともに既存設備の下取り価格もアップ。

さらに、保守契約を含んだ多くのメリットがあるプランも用意している。

 

キャンペーン対象製品は、自動化オプション(オートローダー:AL、シングルカセットユニット:SCU、マルチカセットユニット:MCU、マルチパレットローダー:MPL)を搭載した同社製CTPの、▽ACHIEVE T400/800シリーズ、▽TRENDSETTER Q400/800シリーズ、▽MAGNUS Q800シリーズ--となる。

 

 

 

PAGE TOP