2020年08月07日

㈱TBM(本社・東京都中央区、山﨑敦義社長)は、世の中に排出される廃プラスチックを適切に再生利用するため、再生材料を50%以上(重量ベース)含んだ新素材「CirculeX(サーキュレックス)」を発表した。

この「CirculeX」は、植物由来樹脂/石油由来樹脂/石灰石を主原料にしたLIMEXなど、再生する素材に混ぜ合わせる材料を用途に合わせて選択し、ユーザーの多様なニーズに応えていくものとなる。

「CirculeX」の製品用途としては、包装資材、物流資材、建築資材など幅広い領域での製品開発を目指し、同社では世界全体で高まる廃プラスチックの再生利用やプラスチック代替素材へのニーズに応えるべく、資源循環を促進する素材として国内外に展開していく。

 

プラスチックは汎用性が高く、現代では生活に必要不可欠な素材となっている。

しかし近年、海洋プラスチックごみによる海洋汚染やCO2排出量の増加による気温上昇などが世界各国で問題視されており、各国政府はプラスチックを含む廃棄物問題の解決に向けてさまざまな施策を打ち出している。

国際的には、有害廃棄物の定義や輸出入を規定する国際条約「バーゼル条約」の規制対象に汚れたプラスチックごみが加わり、自国内でのリサイクルなどによる資源循環の必要性が高まっている。

 

日本では令和元年5月、循環型社会形成推進基本法に基づき、「プラスチック資源循環戦略」が発表され、その重点戦略として、▽3R+Renewable(再生材、バイオマスプラスチック)、▽廃プラスチック海洋流出の防止(回収を含む)、▽途上国への対策支援、▽リサイクルインフラ整備などの基盤確立--の4つが示され、2030年までにプラスチックの再生利用倍増・2035年までに使用済プラスチックをリユースやリサイクルなどで100%有効利用する目標を掲げている。

同社ではこのような背景を踏まえ、持続可能な循環型イノベーションを目指すとともにプラスチック問題に貢献すべく、新たな素材ブランド「CirculeX」を立ち上げた。

 

 

 

 

PAGE TOP