2020年08月05日

イーストマン・コダック社は、軟包装パッケージ向けインクジェット印刷機「UTECO Sapphire EVO M Press」の3号機を出荷することを発表した。

その納入先は北米の企業で、小ロットの大量生産を要するアプリケーションに使用される予定となっている。

なお1号機と2号機はすでにイタリアと日本のパッケージ印刷会社で順調に稼働している。

 

UTECO Sapphire EVO M Press

UTECO Sapphire EVO M Press

「UTECO Sapphire EVO M Press」は、同社とUtecoグループによって共同で開発されたモデル。

この輪転式デジタル印刷機により軟包装パッケージ印刷会社は、従来の印刷ジョブをデジタルへと移行することができるとともに、高品質な印刷の実現、印刷時間・印刷準備時間・コストを大幅に削減することができるようになる。

 

「UTECO Sapphire EVO M Press」は、コダックのStreamコンティ二アスインクジェットテクノロジーと低コストの水性顔料インクを採用したことでさまざまなプラスチックフィルム素材や紙ですぐれたフルカラー印刷品質を再現する。

最大650㍉の基材幅と620㍉の印刷幅に対応し、印刷速度は毎分150㍍を超を誇り、軟包装基材に対応した印刷機の中では最速のデジタルソリューションとなる。

 

この3号機となるユーザーが「UTECO Sapphire EVO M Press」を選択した理由は、最大で2万平方㍍までのロットの印刷において、従来のアナログ印刷よりもコスト効果が高いことを挙げている。

また、商品化までの時間を大幅に短縮できるというメリットもある。

従来のアナログ印刷による生産だと通常は2週間以上かかるのに対して、この「UTECO Sapphire EVO M Press」ではわずか2日で対応できると予想されている。

 

制作物の一例

製作物の一例

同社でデジタル印刷グループ部門の担当社長を務めるランディ・ヴァンダグリフ氏は「着々と納入事例が増えていることは、当社の高速連続インクジェットと水性インクテクノロジーを搭載した“UTECO Sapphire EVO M Press”が軟包装パッケージデジタル印刷向けの世界的なリーディングソリューションである証明だ」と述べ、またUtecoグループのアルド・ペレッティ社長は「3つ目となる大陸で、異なる軟包装パッケージングアプリケーションで稼働することをとても嬉しく思う。この印刷機は、中小ロットのジョブにおいて高速でコスト効率が高く、かつ高品質印刷を求めるブランドオーナーからのニーズに応えられる効率的な手段となる」と語っている。

 

 

 

 

PAGE TOP