2020年07月20日

アドビ㈱(本社・東京都品川区、ジェームズ・マクリディ社長)は、今秋に日本で開催予定だった「Adobe MAX Japan2020」のほか、今年開催予定の他国/他地域も含んだすべての「Adobe MAX」イベントを1つに統合し、10月20日から22日までの3日間にわたってオンライン開催をする米国発の「Adobe MAX2020」で全世界同時開催することを発表した。

この決定は新型コロナウイルス感染症の世界的な影響を鑑み、健康と安全を最優先に考えたもの。

今回のイベントでは日本オリジナルコンテンツおよびグローバルコンテンツともに多くのプログラムが用意されており、参加登録するとすべて無料で参加することができる。

 

「Adobe MAX2020」は米国時間での開始を皮切りに、主要地域のタイムゾーンに合わせた各リージョンの基調講演(キーノート)やブレイクアウトセッションを公開する。

日本向けには、日本語で行われるセッションをはじめ、英語でのブレイクアウトセッションも字幕で視聴できるようになり、これまで以上に多くのコンテンツが視聴できる。

また、Adobe Creative Cloudの製品のノウハウを学ぶテクニカルカンファレンスのストリーミング視聴だけにとどまらない、インスピレーションやクリエイティブ思考を刺激するようなセッションも多数用意されている。

 

アドビのマクリディ社長は「クリエイティビティは決して一握りの人たちのものではなく、すべての人が語るべきストーリーを持っている。我々は、“Creativity for All:すべての人に『つくる力』を”というミッションを掲げ、世界中のあらゆる人たちのそうした想いを形にする創作活動をサポートしたいと考えている。今年は、世界中の人々が共有するこれまでにない大規模なMAXイベントとなる。無償の参加が可能となったことで、プロのクリエイターはもちろん、使い始めたばかりの人や学生まで、より幅広い方に参加してもらい、新製品情報はもちろん、世界の最新のクリエイティブ情報やトレンドも体験してもらえる。年に1度のアドビの祭典を体験してもらいたい」と述べている。

 

 

 

PAGE TOP