2020年07月07日

東レ合繊クラスターのグリーンイノベーション素材分科会は、植物由来原料を使用したサイン・ディスプレイ用の環境配慮型テキスタイル「BioMedia(ビオメディア)」を開発した。

イベントや店頭、建設現場などで使用されるのぼり旗や横断幕向けに、7月から本格販売を開始する。

 

BioMedia

BioMedia

「BioMedia」は植物由来原料からなるポリエステル繊維を使用することによりグリーン購入法に適合していることに加え、エコマークおよびバイオマスマークの認定を取得している。

東レ合繊クラスターではこの「BioMedia」を、環境低負荷製品への関心が高い官公庁や小売店、設計事務所などに向けて提案し、今年度に2万㍍、3年後の2022年度には10万㍍の売上を目標としている。

 

イベントや店舗などで使用されるサイン・ディスプレイは、コストがとくに重視されることから、コスト優位性のある定番素材が使用されることが多く、これまで植物由来原料を使用したテキスタイルの展開は限られていた。

しかし昨今の環境意識の高まりにより、官公庁が主催するイベントや環境に関連する商品・サービスを展開する店舗などを中心に、環境低負荷な素材を使用した器具・備品への要望が高まっている。

そこでこの「BioMedia」は、同会会員が収集した市場ニーズを基にして、各社の繊維加工技術を合わせて開発された。

植物由来原料を約30%使用したポリエステル繊維を繊維部分重量の25%以上に含む設計としているため、グリーン購入法およびエコマーク、バイオマスマークの対象となる条件を満たしており、環境配慮型製品としての信頼性向上や環境配慮の姿勢の効果的な訴求が可能となる。

さらに、環境に配慮した印刷方法であるダイレクト昇華プリントに対応しているため、この印刷方式と組み合わせることで製造工程から製品までを通して環境低負荷なサイン・ディスプレイの実現が可能になる。

また、「BioMedia」は防炎製品としての認定を取得しているので、のぼり旗や横断幕、展示会や記者会見の際にロゴなどを表示するテーブルクロスまで、屋内外を問わず幅広いシーンで使用することができる。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP