2015年06月19日

第49回造本装幀コンクールの応募作品349点(151社)から、文部科学大臣賞、経済産業大臣賞を含む、入賞作品22点が決定した。日本書籍出版協会、日本印刷産業連合会が主催。

 

同コンクールはより美しく、より良い本をめざす関係者の意欲を喚起し、造本装幀にたずさわる出版・印刷・デザイン・製本産業の向上発展と読書の推進に寄与するのを狙いとして、1966年から開催されている。

 

入賞作品およびすべての出品作品は東京国際ブックフェア2015期間中に公開展示する。また、入賞作品の表彰式が7月3日16時30分から会議棟102号室で行われる。

 

入賞作品は2015年11月下旬から東京・文京区の印刷博物館で、世界で最も美しい本コンクール2015の入賞作品と共に展示予定。2016年2月にドイツライプツィヒで開催される「世界で最も美しい本コンクール」に出品されたのち、2016年10月のフランクフルトブックフェアで展示される。

 

入賞作品はコチラ

PAGE TOP