2015年06月19日

三浦印刷(日達浩造社長)は6月19日、印刷サービスとウェブ系ツールの制作、運用を組み合わせた、販促支援ウェブツール「Cross Channel Package Solution CAN!」、略称「ミウラの缶」をリリースした。

 

ミウラの缶とは、販売促進活動において重要なキーワードであるスマートフォン対応を主軸に、印刷メディアとスマートフォン対応のウェブサイトとを連動させるウェブ系ツールの制作支援サービスの総称。
既存のシステム利用で早期の立ち上げ、デザインテンプレート利用でローコスト、消費意欲が高いスマートフォンユーザーへの対応を特徴とし、顧客の要望に、時代にあった形で応える。

 

ミウラの缶は、①ウェブ缶、②キャンペーン缶、③EC缶、④動画缶の4つのサービスの総称。

 

①ウェブ缶は、スマートフォン対応のウェブサイト制作・保守のパッケージ。
印刷物のデータを使って、スマートフォンに対応した商品やサービスの紹介サイトや、会社案内のウェブサイトを最短1週間で立ち上げる。オリジナルドメインの手配や面倒なサーバー保守・管理などのサポートメニューも込みで、初期費用は20万円から。

 

②キャンペーン缶は、販促キャンペーンで必要な、スマートフォン対応の応募受付システム構築・運用のパッケージ。

シリアルコードを用いたマストバイキャンペーンや、その場であたるスピードくじのシステムを最短1週間で立ち上げる。シリアルコード生成とバリアブル印刷も同時サポートする。ウェブ応募での個人情報は、高いセキュリティを保つデータベースシステムを利用して保護する。初期費用は30万円、月額費用は5万円から。キャンペーン期間に応じた契約形態が選べる。

 

③EC缶は、スマートフォン対応のネットショップ構築・保守のパッケージ。

商品カタログのデータから、オンラインショップをスピード開店する。レスポンシブデザインに対応し、さまざまな決済方法を選ぶことができるレンタル方式のカートシステムをベースに構築。最短2カ月でオンラインショップをスタートすることができる。SEOやメール配信機能など、販売促進のための機能を備える。初期の費用は200万円から。月額費用は3万円から。

 

④動画缶は、スマートフォン対応のプロモーションムービー制作と配信までのパッケージ。

ウェブサイト内の販促用ムービーや、社内教育用Eラーニングビデオといった映像の制作とDVDプレスやウェブ配信まで対応する。スタッフが、構成案の作成から提案し、オリジナルのムービー制作を行う。ウェブ配信では、信頼性の高い映像配信基盤で著作権をガードする。動画の制作だけの基本プランは50万円から。映像配信は、初期費用10万円、月額費用5万円から。

 

ミウラの缶 http://www.miuranocan.com/

 

 

タグ: >

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP