2020年06月29日

㈱リコー(本社・東京都大田区、山下良則社長)製の新乾燥技術を搭載したカラー高速連続用紙インクジェットプリンティングシステム「RICOH Pro VC70000」が、一般社団法人日本画像学会の「令和元年度技術賞」を受賞した。

 

RICOH Pro VC70000

RICOH Pro VC70000

日本画像学会は昭和33年に発足して以来、電子写真、ノンインパクトプリンティングを中心とするハードコピーに関する材料やデバイス、プロセス、画像処理などに関する実用的な技術開発と画像科学に関する基礎学問の発展を支えており、「独創性に富み、すぐれた実用性が実証されたイメージング技術およびその周辺技術」に対して「技術賞」を表彰している。

 

従来のインクジェットプリンターによる印刷は、紙の乾燥工程でしわが発生することが課題となっていた。

とくに高濃度の画像を出力する場合や薄紙を用いた場合にしわが発生し、従来の技術で防ぐことは困難だった。

そこで「RICOH Pro VC70000」では、インクの表現力や用紙対応力、高い生産性を維持ながらも、この大きな課題となっていたしわを抑制することを実現した新乾燥技術を確立。

それが評価されて今回の受賞となった。

 

「RICOH Pro VC70000」は新乾燥技術の搭載に加えて、色域を飛躍的に拡張させ、事前処理なしに幅広いオフセットコート紙に直接印刷できる新インクも採用している。

これらの新技術の組み合わせにより、再現できる色域や対応アプリケーションを広げ、オフセット印刷に迫る高画質・高生産性を実現している。

 

【関連記事】 リコー、フルカラーインクジェット機の最上位機を発売 アンダーコートやプロテクトコート不要でコート紙へ印刷可能

 

 

 

技術・製品 話題-関連の記事

PAGE TOP