2020年06月23日

柏村印刷㈱(本社・島根県浜田市、柏村英男社長)が、アナログからデジタルへの転換を目指し「HP Indigo12000HDデジタル印刷機」を導入した。

 

同社は明治時代に創業した、島根県を中心に中国地方に営業展開する老舗印刷会社。

商業印刷と高級美術印刷市場をメーンに、これまではオフ輪および枚葉オフセット印刷機を活用していた。

しかし現在の国内商業印刷市場は縮小傾向にあり、大量印刷への需要が漸減していることから、同社はデジタル印刷への転換を推進することを決めた。

 

柏村印刷が導入したHP Indigo12000HDデジタル印刷機と柏村社長(右から3番目)

柏村印刷が導入したHP Indigo12000HDデジタル印刷機と柏村社長(右から3番目)

「HP Indigo12000HDデジタル印刷機」の導入により、ダイレクトメール、店舗やレストランなどのポスターやメニュー表など、高品質な写真や印刷が求められるさまざまなアプリケーションに迅速に対応できるようになり生産性の向上と印刷機能の拡張を実現。

また、多くのプロセスが自動化され、オペレーションの高速化、生産工程の簡素化も図れている。

 

同社の柏村社長は、「我々は現在、新型コロナウイルス感染症の拡大により困難な状況にあるが、アナログからデジタルへビジネスモデルを転換する絶好の機会と捉えている。“HP Indigo12000HDデジタル印刷機”がもたらす汎用性と自動化ツールを活用し、新しいビジネスモデルを成功させたい」と述べている。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP