2020年06月22日

コネクテッドシェルフ

コネクテッドシェルフ

㈱TANA-X(本社・京都府京都市下京区、田中一平社長)と㈱リコー(本社・東京都大田区、山下良則社長)は、複数のシェルフ・サイネージをIoTセンサーやAIで統合制御し、来客属性に合わせて最適なデジタル販促コンテンツの配信を可能にするシステム「コネクテッドシェルフ」を共同開発した。

TANA-Xは今後、実店舗での実証実験を予定しており、今年末頃の本格展開を目指す。

 

近年、IoTやAIの最新技術が生活やビジネスに大きな変革をもたらしつつある中、小売店舗においても在庫・発注管理、ダイナミックプライシングなど、デジタルトランスフォーメーションが進んでいる。

TANA-Xは主要事業の1つであるセールスプロモーション事業において、売り場演出と効果的な陳列棚作りの追求のために、「Smart-SP」をコンセプトにして店頭ディスプレイやPOP、消費者の購買行動分析、映像プロモーションなど、従来の販促サービスをデジタル技術により拡張する試みを続けている。

その試みの新たな一歩となるのがこの「コネクテッドシェルフ」となる。

 

「コネクテッドシェルフ」は、▽距離センサーを利用した来客滞留モジュール、▽カメラとAIが連動した来客属性モジュール --などのセンサーで取得したデータに基づいて、商品棚に設置した複数のシェルフ・サイネージを連動させ、年齢や性別など来客の属性に合わせた最適な販促コンテンツをダイナミックに表示するもの。

また、取得した来客の滞留情報や属性情報、購買行動、閲覧・表示コンテンツ種類などのデータはログとして記録され、マーケティングに活用することができる。

さらに、既存の商品棚に搭載できるため、導入の手間やコストも抑えられる。

 

TANA-X運営の「DRUG STORE Live」店舗内で実証実験を開始している

TANA-X運営の「DRUG STORE Live」店舗内で実証実験を開始している

デジタルサイネージ事業を手掛けるリコーが、クラウド型サイネージ配信サービス「RICOH Digital Signage」をベースに、カメラとAIを使った画像認識によるインタラクティブな販促コンテンツ切り替え、複数のセットトップボックス(映像受信機器)の同期などを統合的に管理するコンテンツ・マネジメント・システムといったシェルフ型サイネージ向け機能を開発・提供している。

 

コネクテッドシェルフの特徴は次のとおり。

▽来客属性や棚前状況に合わせてコンテンツ表示を自動切り替え

カメラやAIなどと連動した専用のセンサーモジュールを使用することで、商品前の来客の滞留情報、属性情報を取得し、商品棚前の状況に合わせたコンテンツの出し分けを自動化することができる。センサーモジュールの種類を増やすことでさまざまなインタラクティブコンテンツの店頭展開も可能になる。さらに、センサーモジュールで取得した来客の滞留情報や属性情報、購買行動、閲覧・表示コンテンツ種類などのデータをログ記録し、マーケティングに活用することもできる。

 

▽複数のサイネージを1つの画面として使用するシンクロ・モード

このシステムでは商品棚に設置されたシェルフ・サイネージなどの複数の画面を1つの画面としてコンテンツを表示する「シンクロ・モード」を標準搭載。単なるデジタルプライスタグを超えた、説得力のある販促コンテンツの配信が可能になる。

 

年齢や性別などの来客の属性に合わせて最適なコンテンツを表示し、ダイナミックに売り場を演出する

年齢や性別などの来客の属性に合わせて最適なコンテンツを表示し、ダイナミックに売り場を演出する

▽取得データに対応したきめ細かなコンテンツ配信もコンテンツ・マネジメント・システムで統合管理

リコーのクラウド型サイネージ配信サービス「リコーデジタルサイネージ」をベースに開発した専用のコンテンツ・マネジメント・システムにより、コンテンツの一元管理機能に加え、センサーモジュールで取得したデータを活用したインタラクティブなコンテンツ出し分け配信機能も統合。地域・店舗別・時間でデータに基づいたコンテンツ配信ができる。

 

▽既存什器を利用した取り付けが可能

このシステムは店舗内の陳列棚として一般的なゴンドラ什器(システム什器)の棚板などに取り付けて使うことができる。既存の店舗什器を入れ替えることなく利用することができるので経済的。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP