2020年06月23日

日本印刷産業連合会グリーンプリンティング認定事務局は、中止となっていた第42回GP工場交流会を6月26日午後3時からZoomシステムをを利用して開催、無料講演会を行う。
テーマは、「政府のコロナ対応資金繰り支援策の解説と中長期の経営体力強化について~Withコロナを乗り切りアフターコロナの活路を切り開くために~」。講師は認定経営革新等支援機関の㈲サステイナブル・デザイン代表取締役でキャッシュフローコーチ・事業継続初級管理者の西原弘氏。
当日は①政府のコロナ対応資金繰り支援策:自社で使えるものは、どう判断する?どう活用する?②「コロナインパクト」を数値化する:キャッシュ「フロー」の観点、現預金「残高」の観点③中長期の資金繰り計画を立てる:売り上げが元に戻る…だけでは足りない④ピンチをチャンスに変える:経営革新の機会と公的資金による財源確保。
講義は3時10分~4時30分まで約1時間。講義終了後、質疑応答の時間を設ける。参加費無料。定員80人。
当日は、新規GP工場紹介(3時~3時10分)、GP認定事務局(4時30分~4時35分)からコロナウイルス禍における今年度のGP認定関連の活動予定について説明する。申し込み締め切りは6月24日。24日に参加URL、ミーティングID、パスワードを事前メールする。申し込みはEメールgp-nintei@jfpi.or.jp

PAGE TOP