2020年06月17日

浦久保康裕(左)、作道孝行

浦久保康裕臣理事長(左)と作道孝行前理事長

大阪府印刷工業組合は、5月14日夕、大阪市の大阪印刷会館で令和2年度通常総代会を開き、令和元年度事業報告・決算報告、令和2年度事業計画案・収支予算案など上程議案を審議し、いずれも原案どおり承認した。また21日には総代会で選任された新理事による臨時理事会を開催し、浦久保康裕氏の新理事長就任を決めた。
令和2年度は産業戦略デザイン事業や各委員会活動を中心に事業を推進する。基本方針によると、「印刷産業が担う社会的役割を考え直すとともに、企業自らも構造改革に取り組み、多様化していく社会や顧客の抱える課題解決を担うパートナーとしての進化が必要」と改革の必要性を強調。さらに「組合員一人ひとりの会社がHappiness Company」となり、次代を担う人材が魅力を感じ、希望を持って印刷産業の肩をたたく業界になるための改革に、一致団結してチャレンジする」と決意を示している。
21日の臨時理事会では、「理事長推薦委員会で浦久保氏が作道孝行氏に代わって新理事長に推薦された」との説明を異議なく可決承認した。
【新三役・常務理事】
理事長=浦久保康裕(新任、㈱一心社)
副理事長=東條秀樹(北東工業㈱)、山崎一彦(東光パッケージ㈱)、家田裕光(新任、㈱日進社)
専務理事=松本浩一(新任、松本印刷㈱)
常務理事=川畑利之(相互ビジネスフォーム㈱)、田畑良一(新任、㈱SEIUNDO)、福山耕治(新任、㈱新聞印刷)、髙本隆彦(新任、大興印刷㈱)、山本素之(新任、㈱美生社)、五十嵐貴俊(新任、伸光洋紙㈱)、満谷健一郎(新任、㈱栄光堂印刷所)、尾寅将夫(新任、㈱美販)

PAGE TOP