2020年06月15日

ローランド ディー.ジー.㈱(本社・静岡県浜松市、田部耕平社長)は6月11日から、大判インクジェットプリンター「TrueVISシリーズ」の「VG2-640」および「VG2-540」に対応する、新開発のグリーンインクの提供を開始した。

 

img_213750_1「TrueVIS VG2-640/540」は、昨年3月に発売した同社のフラグシップモデルとなる広告・看板製作用の大判インクジェットプリンター。

今回はこのVG2シリーズに新機能を搭載し、これまでは表現できなかった色を描けるプリンターとして、さらなる可能性と使用範囲の拡大を図った。

 

インクには新たに新開発の「グリーンインク」を採用。既存のオレンジインクと新色グリーンインクをプロセスカラーとして処理する「マルチプロセスカラー機能」により、色域がさらに大きく広がるとともに、より色彩豊かな表現が可能となった。

また、ハードとインクのポテンシャルを最大限に発揮させるための新しい印刷設定「True Rich Color」の搭載により、ひとつの作品の中で「鮮やかさ」と「自然さ」の相反する要素が共存する表現を実現している。

 

同社DP事業部の繁野谷隆文副事業部長は、「今回、新開発のグリーンインクと“True Rich Color”を搭載したことで、VG2シリーズ最大の特徴である表現力が大きく進化した。今まで再現が難しかった特色や、表現しづらかった自然な透明感などもリアルに描き出すことができ、印象的で臨場感あふれるコミュニケーション効果の高いサイングラフィックスを製作できるようになった。これからも、高品質かつ当社らしい表現を追求し、ユーザーのクリエイティブへの探求心やこだわりに応えられる製品を提供していきたい」と述べている。

 

 

 

 

 

PAGE TOP