2020年06月11日

エスコグラフィックス㈱(本社・東京都江東区、南文輝社長)は、パレット積載最適化ソフトの最新バージョン「Cape Pack18.1.2Japanese」最新バージョンを発売する。

 

「Cape Pack」は、製品の出荷用サイズの最適化、新しいケースサイズの作成、効率的なパレットパターンの構築、ケースやパレットの圧縮強度の分析、資材やキューブの有効利用を可能にするパレタイジングソフト。

昨今の流通業界では人手不足による値上げが相次ぎ、パッケージ製品の値上げの原因のひとつになっている。

食品・飲料メーカーやロジスティック企業の課題は、強度をカバーした効率的なパレットおよびトラック積載量となっている。

その課題を解消することができる「Cape」は、CADと連携してダンボール設計から積載計算までカバーできるソリューションで、オンラインシステムとも連携可能となる。

 

▽「Cape Pack Essentials」=パレット積載に関する問題の解決、パレットの有効活用、積載の安定化、コンテナやトラック積載の最適化を図る、シンプルで実用的なプログラム。

このパレット積載ソフトを使用すると、データを入力して数秒で複数の図とレポートが画面表示されるので、適切なパレットパターンやコンテナ積載を簡単に判断できる。

ユーザーは設計をクラウドにアップロードし、同僚や関係者と共有することができる。

 

▽「Cape Pack Advanced」=最適なサイズの商品設計により、より多くの商品をケースに詰めたり店頭に陳列したりパレットに積載できるようにする。

また、1次包装する商品の新しいサイズやケースへの詰め方も検討する。

ユーザーは設計をクラウドにアップロードし、同僚や関係者と共有することができる。

 

▽「Cape Pack Reviewer」=「Cape Pack Essentials」や「Cape Pack Advanced」へのアクセス権がなく、企業向けに「Cape」ソリューションのすべてへのアクセス権が必要なユーザー向けのプログラムで、レポートを設定したりソリューションからPDFレポートや画像を生成・ダウンロードできる。

 

 

 

PAGE TOP