2020年06月10日

(一社)日本新聞折込広告業協会(JーNOA)が6月4日発表した2020年4月の全国版月間折込広告出稿統計データによると、4月の折込チラシは対前年比52・6%減となった。
とくに落ち込みの著しいのは、首都圏同61・5%減、九州同54・9%減、近畿同53・1%減、北陸同51・7%減、中部同50・2%減だった。北海道は3割減にとどまった。
なお業種別でみると、流通業は首都圏で同74・8%減と大幅に減少した。

 

2020年4月 地区別の月間折込枚数(1世帯平均)
2019年(枚) 2020年(枚) 増減数 対前年比
全国 393.8 186.5 -207.3 -52.6%
北海道 412.5 273.8 -138.7 -33.6%
東北 394.8 213.1 -181.7 -46.0%
北関東 377.5 210.7 -166.8 -44.2%
首都圏 392.1 151.1 -241.0 -61.5%
東海・甲信越 396.9 207.5 -189.4 -47.7%
北陸 360.3 174.0 -186.3 -51.7%
中部 439.0 218.8 -220.2 -50.2%
近畿 395.2 185.4 -209.8 -53.1%
中国 396.0 226.5 -169.5 -42.8%
四国 348.5 193.3 -155.2 -44.5%
九州 348.4 157.2 -191.2 -54.9%
沖縄 289.0 154.0 -135.0 -46.7%
日本新聞折込広告業協会「全国版月間折込広告出稿統計データ」から作成

 

 

関連記事:新聞折込広告、3月は前年同月比マイナス25%

 

 

 

PAGE TOP