2020年06月08日

アドビではこのたび、デザイナー向け色彩ツール「Adobe Color」に、色覚異常を持つ人々にとって問題となりうる色の組み合わせを識別するのに役立つ新機能「色覚異常対応」を追加した。

パネル上のカラーホイールに色の競合が生じる領域を示す「カラー競合」ラインが表示されるので、色の選択を簡単に修正することができる。

 

色をデザインする時、色覚多様性を踏まえた誰にもわかりやすい色かどうかを確認する工程は、アイデア出しの後に回すことが多い。

そこで修正を要することになった場合は、デザインコンセプトに沿いつつ機能する新しい色相を見つけるため、カラーリングボードに戻らなくてはならない。

そこで「Adobe Color」では、デザイナーそのチェックを行う方法を見直し、そのプロセスをカラーホイールに直接取り採れた。

 

色覚異常を患っている人にとって、特定の色相と色合いの組み合わせは、色の区別を困難なものにする。

「Adobe Color」の新しいアクセシビリティツールを使うと、そのデザインが色覚異常の一般的なタイプである第1色盲、第2色盲、および第3色盲に対してどう見えるのかをチェックすることができる。

カラーホイールを使用することで、問題のある色の組み合わせがフラグ付けされ、色覚異常を持つ人にとって見分けがつかない可能性のある要素が強調表示される。

 

問題のある要素を特定すると、新しいカラーホイールを使用して簡単に問題を解決することができる。

3つのガイドライン(色覚異常のタイプごとに1つ)をマウスで押すことで、その色と問題のある色の組み合わせを回避でき、わかりやすい色を見つけることができる。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP