2020年06月01日

京セラドキュメントソリューションズジャパン㈱(本社・東京都港区、長井孝社長)は、在宅勤務者を支援するため、コンビニエンスストア「デイリーヤマザキ」に設置されているマルチコピー機のネットワークプリント料を半額で提供する「在宅勤務応援プラン」を5月25日から始めた。

 

このサービスは、クラウド型ファイル共有サービスを活用したネットワークプリント(KYOCERA Anytime Print)。

パソコンやモバイル端末からプリントしたいファイルをアップロードし、デイリーヤマザキのマルチコピー機のキャンペーン用アイコンからクーポンコードを入力すると、プリント料金が半額で利用できる。

在宅勤務でプリントアウトに困っている人向けのサービスとなる。

 

提供期間は6月30日午後5時までで文書プリント(PDF)のみが対象。

サービスクーポンコード「111111」を入力すると、白黒全サイズ20円の文書プリント料金が10円となる。

 

 

 

 

 

技術・製品 話題-関連の記事

PAGE TOP