2020年05月27日

エプソンは、商業・産業向け大判インクジェットプリンター「SureColorシリーズ」の新製品として、水性顔料4色機のスタンダードモデル「SC-T3455/SC-T3455N」「SC-T5455」シリーズを6月3日から発売する。

 

SC-T5455

SC-T5455

「SC-T3455/SC-T3455N」はA1サイズ出力に対応し、「SC-T5455」はA0サイズ出力に対応するスタンダードモデル。

今回、これまでは110㍉㍑と350㍉㍑だった2種類のインクカートリッジに加え、より大量に印刷するユーザーのニーズに応えるために新たに700㍉㍑のインクカートリッジを追加した。

容量が異なるインクカートリッジを混在させて使用することもできるので、よく使う色を大容量カートリッジで使用するなどしてランニングコストを抑えられるだけでなく、消耗品交換の手間も軽減できる。

「SC-T3455」ではA1のポスターが1枚約16円で、「SC-T5455」ではA0のポスターが1枚約29円で印刷できるのでコスト削減にも貢献する。

 

また従来のCADドラフトモードに加え、POPやポスターの高速印刷を可能にするPOPドラフトモードを搭載。

これにより「SC-T3455」ではA1サイズのポスター印刷が約24秒、「SC-T5455」ではA0サイズのポスター印刷が約36秒で可能となり、より効率的に業務を進めることができる。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP