2020年05月26日

アドビシステムズ㈱(本社・東京都品川区、ジェームズ・マクリディ社長)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によって厳しい状況に置かれているクリエイターの創作活動を支援するために、グローバルで約1億円(100万ドル)のファンド「Creative Residency Community Fund」を創設し、クリエイターからのプログラムへの参加を募集している。

このプログラムは12ヶ月間にわたって実施される。

 

「Creative Residency Community Fund」への応募は、プロジェクトの企画内容やクリエイティブのスキルに応じ、個人の「クリエイティブプロジェクト」または「アドビ委託プロジェクト」のどちらかに申請可能。

「クリエイティブプロジェクト」は個人の創作活動に対してのサポートで、企画のアイディアやその制作プロセスのシェアやタイムラインの提案をもとに選考委員会で審査する。

また「アドビ委託プロジェクト」は、会社のニーズやタイミング、個人のスキルや強みに応じてプロジェクトとのマッチングを行い制作活動のサポートを行う。

たとえば、Adobe.comのトップページのキービジュアルの制作、日本の記念日をアドビのソーシャルチャンネル上で祝うためのビジュアルの制作協力などが用意されている。

 

どちらのプロジェクトも、写真/フォトアート、ビデオ、グラフィックデザイン、イラスト、3D、モーションデザイン、プロダクト/インターフェイスデザイン(UI/UX)など、さまざまなジャンルのビジュアルデザインに関するクリエイティブ分野を対象にしており、選定された場合は5〜50万円のCommunity Fundを受け取ることができる。

さらに、Creative Cloudの1年間の無償ライセンスやキャリアガイダンスのワークショップなど追加サポートも受けることができる。

 

応募先および詳細については、 https://www.adobe.com/jp/about-adobe/creative-residency/community-fund.html から。

 

 

 

 

技術・製品 話題-関連の記事

PAGE TOP