2020年05月22日

タイププロジェクト㈱(本社・東京都練馬区、鈴木功社長)は5月22日、フィットフォントサービスに新しく、スイスのタイプデザインスタジオDinamoの欧文フォントを追加した。

 

フィットフォントは、サイトのスライドバーによりウエイトや字幅を調整することで、モニターのサイズやディスプレイの解像度、広告やカタログなど、使用目的に合わせたフォントを注文できる同社のサービス。

ウエイトやコントラスト、字幅を変更した場合でも、字画の比率が適正でつねにバランスの取れた状態を保ち、ダイナミックに変化しながらもデザインの一貫性と品質を保持することを実現している。

 

今回、そのフィットフォントサービスに追加したDinamoの欧文フォントは、Monument Grotesk、Whyte、Laicaの3ファミリーで、全16フォントとなっている。

 

 

 

PAGE TOP