2020年05月20日

㈱リコー(本社・東京都大田区、山下良則社長)は5月22日から、在宅勤務に取り組む中小企業を支援するために、自宅から会社のデータに安全にアクセスできて印刷も行えるVPN環境を簡単・手軽に構築できる月額定額制パッケージ商品「RICOH SP3700在宅プリントパッケージ」を発売する。

 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策をきっかけに、営業職などの外勤職種だけではなく、経理・人事・総務などの内勤職種を含めた全従業員を対象に在宅勤務環境の整備に取り組む企業が増え、働き方改革ともあいまって今後も継続して拡大していくものと予測されている。

しかし、現実には受発注書や見積書、請求書の処理など大量の紙を印刷する業務のために出社せざるを得ないケースが多く存在する。

 

そのような課題に対応するために開発された「RICOH SP3700在宅プリントパッケージ」は、クラウド管理型無線LANルーターとモノクロレーザープリンターをパッケージ化することで、紙の印刷が必須の業務でも会社と同じセキュアなネットワーク環境で在宅勤務できるもの。

あらかじめネットワーク設定を施したクラウド管理型ネットワークセキュリティソリューション「Cisco Meraki Z3」やA4モノクロレーザープリンター「RICOH SP3700」、さらに機器の導入・運用に関するサポートやトナーカートリッジまでをパッケージ化して提供する。

初期費用は不要で、月額6500円(税別)の定額制なので、印刷枚数を気にすることなく安心して導入できる。

 

【関連記事】 

リコージャパン、中小企業における在宅勤務環境の構築を支援するシステムを提供 各社の都合に合わせた環境も提案

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP