2020年05月15日

三菱製紙㈱(本社・東京都墨田区、立藤幸博社長)は6月25日付で組織変更および印刷感材事業の再編を行うと発表した。

 

イメージング事業部は機能材事業部と統合して機能商品事業部とし、印刷情報出力関連事業中心となっている事業ポートフォリオの転換を図る事業部と位置付ける。

その機能商品事業部は5部体制とする。

イメージングメディア営業部、フィルター商品部は現事業部の組織を継続し、業務部は現事業部の業務機能を統合して新事業部の業務全般のとりまとめを行う。

また、特殊資材商品部と産業資材商品部を新設し、現不織布商品部は特殊資材商品部と産業資材商品部に改組する。

さらに、現グラフィック&デベロップメント営業部は廃止して、一部を新事業部の直轄部署とし、一部(印刷感材事業)をグループ会社に移管する。

 

印刷感材事業の再編にともないグループ会社の合併統合も行う。

ダイヤミック㈱(存続会社)と㈱ピクトリコを統合するとともに、三菱製紙の印刷感材事業の業務をダイヤミックに移管する。

印刷感材事業は重複・共通業務を効率化し、国内事業の維持とアジア地域での事業拡大を主軸に、総合的な事業安定を図る。

インクジェット事業はプロやハイアマチュアを対象とした高級フォト用紙や写真出力事業で培ったピクトリコブランドを充実させるとともに、プルーフ・製版・ポスターなどの分野については相互に協力し、全体の販売拡大を図る。

 

 

 

 

PAGE TOP