2020年05月14日

㈱リコー(本社・東京都大田区、山下良則社長)は6月1日から、プロダクションプリンター「RICOH Proシリーズ」のカラー機の新製品として「RICOH Pro C5310S/C5300S」を発売する。

 

RICOH Pro C5310S

RICOH Pro C5310S

この新製品は、平成29年1月に発売した「RICOH Pro C5210S/C5200S」の後継機種となるもの。

従来機と比較し、生産性や画像品質、用紙対応力を強化。厚紙の生産性を強化し、最大256㌘/平方㍍の厚紙をカラー/モノクロともに毎分80ページ(A4横)で出力できる。

スキューやレジスト精度を向上する機構を新たに本体と中継ユニットに搭載し、従来機よりも高い表裏見当精度を実現している。

用紙対応力も強化し、52.3~360㌘/平方㍍の全紙厚の自動両面印刷に対応したほか、新たにノーカーボン紙の出力に対応した。

また、最大5000枚の給紙を可能とするエアピック式A3LCT RT5120をはじめとした、プロダクションプリンター製品の上位機種で採用している各種給排紙オプションへの対応も拡充した。

 

 

「RICOH Pro C5310S/C5300S」の主な特徴は次のとおり。

▽厚紙の生産性を強化し、最大256㌘/平方㍍の厚紙をカラー/モノクロともに毎分80ページ(A4横)で出力でき、短納期への対応が求められる現場での競争力を高められる。

 

▽ワンパス両面同時読み取りによる高速スキャンは、最大で毎分240ページと従来機から向上。

 

▽同社独自技術のベタやハーフトーンの濃度をリアルタイムに監視・補正する制御を搭載。画質の安定性を向上している。

 

▽新たにグロスコントロール機能を搭載し、ユーザーによる印刷画像の光沢度の調整を可能としている。

 

▽本体と中継ユニットに用紙のスキュー・レジストを自動で補正、見当精度を向上する新機構を搭載し、より正確な位置に画像を印刷できる。また、スキャナーを活用した表裏見当調整機能では、従来は手作業で行っていた調整チャートの4隅折り作業を不要にするなど、表裏見当調整作業を簡易化している。

 

▽紙厚対応力を強化し、52.3~360㌘/平方㍍の厚紙までの自動両面印刷に対応。

 

▽従来から対応してきた普通紙やコート紙、凹凸紙、封筒、透明メディアに加え、新たにノーカーボン紙(オプション)の出力にも対応。

 

▽用紙サイズは90×139.7㍉から330.2×1260㍉まで対応。さらに、エアピック式A3LCT用長尺トレイに対応することで700㍉までの長尺コート紙の連続印刷を可能にしている。

 

▽複合機や電子黒板、カメラなどのエッジデバイスを、クラウドプラットフォーム「EMPOWERING DIGITAL WORKPLACESプラットフォーム」を介して各種クラウドサービスと組み合わせ、オフィスワークの自動化・省力化を推進する「RICOH Intelligent WorkCore」に対応。Dropbox、GoogleDrive、OneDriveなどのクラウドストレージ連携サービスやWebアドレス帳との連携サービス、AI機能を搭載したOCRサービス、さらにそれらを組み合わせた業種業務に対応したさまざまなソリューションも提供する。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP